社長のブログ

過去ページ17

床暖房

暑い日が続きます。2階の方からフローリングを張り始めてきたので1階の床暖房の施工を行ないました!

床暖房はフローリング(畳でも構いませんが!)の下に温水マットを敷きます、マットの中に細い管を通してあってその管の中に温水が循環して湯暖房になります!
床暖房を体感された方はお分かりでしょうが、足元が暖かいと凄く心地良い暖房です!輻射熱による暖房なので部屋の上の方から暖かくなるのでなく、正に足元が暖かい「頭寒足温」です!また電気式では無く温水がミソです。完成の折には1度試しに体感されては如何でしょうか?

 

遮音シート

2階の床がもうそろそろです!

フローリング材を張る前に遮音シートを敷き詰めてます!2階の物音が下に響かないようにの配慮です!ゴム製マットで厚さは1.2mmと薄いのですが、密度がある為に厚いものとの効果は変わらないそうです!
元々この遮音シートは設計には入っていなかったのですが、大工の松永君が遮音シートはしておいた方が良いだろう!と見積以外のものまで気を使って良くして貰ってます。松永君!感謝・感謝です。

 

燃料電池

数年前に首相官邸に燃料電池車が入りました!とニュースで言ってましたが、その時車輌価格が1億円!と言われてました。なぜ燃料電池?と云うのも、環境問題なのです!化石燃料はCO2を排出し地球温暖化をもたらし京都議定書の達成のためにも化石燃料からの脱皮が不可欠との国策として燃料電池をはじめとして代替エネルギーの模索に入ってます!燃料電池の開発も各社鎬を削ってますが、まだまだ実用化までには至っておりません。

そんな中、新日本石油さんの家庭用燃料電池のモニターに応募し、先日新日本石油㈱さんをはじめNIPPOさん、東電通さんの関係者約10名が現地調査に来られモニターとして私の自宅が選定されました。燃料電池は佐賀県においては鳥栖に1台設置されてますが、ここが佐賀県で2台目となります。

モニターに選定されたので、燃料電池にかかわる電気・ガス・水道の連携をとるための打合せを当社で行いました!
LPGの中の水素を取り出し、大気中の酸素と結合させて発電し、水を排出する仕組みになっていますので、そのぞれの連携が必要となります!

 

配管材料

この写真は2Fトイレからの排水管です!良~く見ると通常のビニール管にグラスウールのような保温材を巻いています!このパイプは消音パイプと云って、水を排水する際に音が発生しますが、その音を居室内に聞こえないようにする為のパイプです!

この写真に映っている青や赤の管はそれぞれ給水、給湯の管で「保温材付架橋ポリエチレン管」といって、ヘッダーから行く先別にジョイントします!ここには映ってないのですが、ガス管は白い被覆のフレキ管で、これもヘッダーからのジョイントになります。以前は給水給湯ガスと云った管は鋼管や銅管でネジを切ったりロウ付けしたりしてましたが、配管材料も進化してます!

 

リフォーム特集

佐賀新聞に毎年リフォーム特集の企画があり当社の広告を掲載させて貰ってます。この企画は広告ばかりでは無く、リフォームをするに当たってのアドバイスやお客さまの声などといろいろあります。今回はそのお客さまの声の欄に、当社の工事実績のお客さまにインタビューを行って記事としてお客さまの声の欄に掲載しよう!と云う事で新聞社さんの取材の日でした!

取材先は先月竣工した中央本町のS様宅。こちらは、キッチン、浴室、トイレと水廻りの殆どをリフォームさせて頂きました!新聞社のインタビューに対して技術的な事に関しては当社の担当雪竹君、全体的な感想をS様にお聞きしながら軽快に進んでいきました。S様のお話を傍らで聞いていたのですが、本当にご満足して頂いているのを実感し嬉しい限りです!雪竹君!良くやった。インタビューが終わった帰りにS様が新聞社の取材の方に「私の事はあんまい書かんでよかけん!田島興産はほんに良か!って書いとって!」と言って頂きました!
このリフォーム特集、6月30日掲載です!乞うご期待を!

 

 

2016.02.17

田島興産株式会社