施工事例

ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て

ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て
ナチュラルウッドのひだまり空間/佐賀市水ケ江 戸建て

【邸名】M様邸

【家族構成】お母様一人暮らし

【施工先住所】佐賀市水ケ江

【近辺状況】閑静な住宅街

【建物種別】木造

【工期】2ヶ月弱

【採用した商品】

床:イクタ エアウォッシュフローリング

壁:サンゲツ ビニルクロス

天井:高千穂シラス リフレシュール

リフォームのきっかけ

標高がそれほど高くない佐賀市内。近年各地では豪雨による被害に見舞われています。M様邸も例外ではなく、浸りやすい場所にお住まいのため2年前にはお家が浸水してしまったそうです。

幸いお母様はご無事でしたが、お家周辺は低地な上に平屋のため、いざというときに避難できる場所がありません。また、お母様はご高齢で一人で住まわれています。遠くへ避難するにも困難な状況です。

今後の生活に不安が募った息子様。水害対策で「緊急時、一時的に避難できる場所を設けたい。」とのお母様想いの息子様からのご要望で、将来を見据えた安全な暮らしの準備が始まりました。

お悩み

・毎年の豪雨で敷地が浸水しやすい。家の中に避難できる床の高さが上がった場所が欲しい。

・物置2ヶ所を撤去したい。

・西側の洋室エアコンは取り外して今のエアコンと付け替えしてほしい。

施工ビフォー・アフター

当初は一階をガレージにし、二階を増築しお部屋にするという構想でした。最終的に「使われていない西側の部屋をロフトにするのはどうですか?」という担当者の提案に息子様が賛成され、リフォームが進み始めました。

あまり使われていなかった収納と寝室の二部屋は、壁を取り払い一つの部屋になりました。そこに8段の階段を造作しロフトを設け、災害時の一時避難場所を確保することができました。

豪雨による災害は暑い時期に多い上、ロフトは暖かい空気がたまりやすい場所です。上部にエアコンを設置し、暑い日でも涼しく快適に避難できる場所になりました。

不要なものが多かったというM様邸。同時に断捨離も行い、見違えるほどすっきりした空間に大変身。一人暮らしのお母様の安全を確保し、息子様もお母様もホッとできるあたたかい空間になりました。

こだわりポイント

ロフトに上がった際、頭がぶつからないような工夫をしました。天井の高さを確保するために、梁を部分的に取り払い新しい梁や柱を入れて補強しました。

階段は主にお母様がご使用されることを想定し、傾斜がゆるやかになるよう造作しました。当初の計画では上部の7・8段目を広く取り、周り階段にする予定でした。しかしながら、斜めに進む動作はご高齢の方にとっては歩行困難ではないかと考え、全て同じ幅の段に揃えました。そうしたことで、階段下のスペースも広くなり歩行時に余裕ができました。

ロフトの壁には明り採りで開口を設け、西側と東側から自然の光が降り注ぐ開放的な雰囲気になりました。

CATEGORY